HQM Cloud Player がリリースされてたので、インストールしてみた

HQM Cloud Player がリリースされてたので、インストールしてみた

クリプトンのハイレゾ音楽配信サイト「HQM STORE」の「HQM クラウド」がいつの間にかサービス開始されていました。
「HQM クラウド」用のiPadアプリ「HQM Cloud Player」がリリースされていたので、インストールしてみました。

IMG_0112
「HQM Cloud Player」は、「HQM クラウド」での使用が前提のアプリです。アプリ起動時や再生開始時にアカウントの入力を求められますが、キャンセルすればアカウントを入力しなくても使えます。

IMG_0111
HQM-CP
iTunesライブラリのファイルと、iTunesのドキュメント転送で転送したファイルの両方が一覧できるので、ハイレゾと通常ファイルが一括して見渡せます。「Trigger」と「アルドノア・ゼロ オリジナルサウンドトラック」はドキュメント転送で「HQM Cloud Player」に転送したハイレゾ音源です。ハイレゾ音源は mora から購入したファイルをそのまま転送しました。

ファイルの転送後は一度「HQM Cloud Player」を終了して起動し直さないと変更が反映されません。自動では更新されませんので、注意が必要です。

DSC00174
30ピンUSBケーブルを使って、TEAC の HA-P50 に接続したところ、ちゃんと認識して使えました。iPad側のボリュームが生きたままになりますので、iPad側のボリュームをフルにして USB DAC 側で音量調整するのが、音質的に有利な気がします。

iPad向けの画面で利用できてハイレゾが再生可能で無料なので、iPad とハイレゾ対応 USB DAC をお持ちの方は試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す